がん治療への各種取り組み キャンサーボード(がんに関する検討会)

安心して治療を受けていただくために。

久留米大学病院では、診療・診断の向上およびチーム医療の実践のためキャンサーボードを行っています。
患者さんの選択の幅を広げるためにも、当院のがん治療レベルの向上のためにも、積極的にキャンサーボードを活用して参ります。

キャンサーボードとは?

キャンサーボードとは、専門が異なる医師等が集まり、がん患者さんの治療方針などを検討するカンファランスです。
それぞれの医師が専門的意見を出し合って治療法を集約していくため、患者さん一人ひとりの症状に応じた最適な治療法を見いだせることが最大の特徴です。

臓器別キャンサーボード

脳神経、頭頸部、口腔、呼吸器、乳房、造血器、肝臓、胆道・膵臓、皮膚、上部消化管、下部消化管、女性生殖器、泌尿器、骨軟部、小児のキャンサーボードが毎月開催されています。

臓器別キャンサーボード開催報告書(様式)はこちら ▶

緊急キャンサーボード

重複がんや原発不明がん、稀ながん腫など臓器別キャンサーボードで診断や治療に難渋する症例があった場合に、速やかに関係する担当者を臓器の枠を越えて招集しキャンサーボードを開催しています。

緊急キャンサーボード開催依頼書はこちら ▶

拡大キャンサーボード

問題点を多く抱えた悪性腫瘍の剖検症例を対象として、医師だけに限らず診療に携わる部署(看護部、緩和ケアチーム、臨床検査部、薬剤部、栄養科、リハビリテーション科、臨床心理士、社会福祉士など)が広く参加して、定期的に症例検討会を行っています。

  • がんに関するご相談 がん相談支援センター TEL:0942-31-7903 受付:平日9:00〜16:30
  • 地域医療連携について
  • がん相談支援センター
  • セカンドオピニオン外来
  • キャンサーボード(がんに関する検討会)
  • がんサロン(がんに関する交流会)
  • がんに関する診療実績(院内がん登録)
  • がん教室(がんに関する勉強会)
  • 専門医のご紹介
  • 臨床治験、がん研究
  • ポスター書類書式