アフターピル 通販ラウンジ

アイピル (アフターピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


お薬コラム

炎症や痒み止めとしてステロイドが利用されますが、長期使用による副作用も考えられますから、ヒルドイドと混ぜて薄めたものを利用することもあります。
ジェネリック医薬品には食べやすさを重視したものやサイズダウンしたもの、シートであったり錠剤に手を加えた物、はたまた飲み易さとか誤飲に対する工夫に時間を掛けているものも増えています。
知人などに処方されたアフターピルをシェアしてもらうとか、反対にご自身に処方されたアフターピルを友だちなどにあげることは法律で禁止とされています。
酒と同時に服用するのは要注意です。お酒をあまり飲まない人がレビトラとお酒を並行して服用すると、血管拡張効果が現れてアルコールがスピーディーに回って体調不良に陥ることがあるからです。
女性対象の育毛剤には、抜け毛を齎す男性特有の「5αリダクターゼ」を抑止する成分は配合されていない点は把握しておいてください。

青と緑の中間色の錠剤として認識されているカマグラゴールドは様々な国で愛用されており、ED治療薬の一番手と言われるバイアグラのジェネリック品になります。
フィンペシアのオリジナルと言えるプロペシアについては、日本においてはAGA治療薬の一種ということで2005年に厚生労働省に認可がおりました。
国内で製造販売の許認可を得た医薬品ならば、副作用等のせいで健康被害を被るようなことがあった時に治療の一部を補填してくれる救済制度が適用されますが、カマグラは適用されません。
フィンペシアの成分のひとつであるフィナステリドはAGA治療に実効性がありますが、一方で副作用の可能性も否定できません。これはプロペシアも一緒です。
現下日本の厚生労働省に認可を受けているED治療薬には、シアリスに加えてバイアグラとレビトラと合計で3種類ございます。

薄毛治療に関してはいろんな種類があるのです。病院やクリニックで処方される薬としましてはプロペシアが認知されていますが、より安価で購入できるフィンペシアも人気抜群です。
海外の会社が運用している通販サイトを介してフィンペシアを買い求める人が増えているようですが、日本では現在のところ認証されていない商品ですから、海外からの通販になります。
ピルには避妊以外にも効果があって、その内の1つが生理痛を軽くしてくれることです。効果が強めのタイプのピルの場合、生理の日数が2日~3日程度になると聞いています。
アフターピルに関しては普通の避妊法として使ってはダメです。やはり緊急時に使用するバックアップだと考えるべきでしょう。
酒を飲んでも酔わないからと言って深酒してしまいますと、脳からの神経伝達が悪化し勃起力自体低下するだけでなくレビトラの効果も一切望めなくなるので注意してください。